SSブログ

ヴァン・ヘルシング [洋画レビュー]

Van_Helsing_poster.jpg「ヴァン・ヘルシング」(監督:スティーヴン・ソマーズ

欧州一帯に未だモンスターが徘徊していた19世紀末、モンスターハンターとしてヴァチカンのカトリック教会に所属するヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)。次の仕事はトランシルヴァニアを長らく支配しているドラキュラ伯爵(リチャード・ロクスバーグ)を倒す事だった。武器開発のエキスパート・カール(デビッド・ウェナム)と共に現地に向かったヴァン・ヘルシングだったが、銀の杭や弾丸、十字架や聖水といったアイテムは、周りの者には効いても肝心のドラキュラ伯爵には何故か効かない。ドラキュラを滅ぼす事を一族の聖天と引換えに誓った一族の末裔であるアナ王女(ケイト・ベッキンセール)の協力を得て、過去の文献を当たってドラキュラ伯爵退治の方法を探ろうとするが、アナ王女の元兄である狼男(ウィル・ケンプ)の襲撃などもあり難航。その間にドラキュラ伯爵は一族の大いなる繁殖を図っていた・・・。

割とフツーに面白い。見てる間は頭を空っぽにして見ていられるような作品。ただ、スルスルー〜っと終わってしまいますが。
タメがないんだよね。なんかこんな事いっつも書いてるような気がするけど(ワタシの感覚がおかしいのか!?汗)メリハリがなく一本調子なんである。サスペンスみたいにどんどん見てる方のテンションを上げるような作品ならともかく、普通は上げたり下げたりがないと、どんなにCGやらSFXやらを駆使して映像を作っても、見てる方はだんだん飽きて来る。だからこの作品は中盤からなんだかダラダラした印象で、そのままクライマックスへ行ってしまう。本当はヴァン・ヘルシングが到着したところや、フランケンシュタインとの邂逅辺りで、ちょっと変化をつけるべきだった。それだけでストーリーの持って行き方はずいぶん違うものになっただろう。

また、これは監督の特性かもしれんが、アクション演出が余りうまくない。お陰でワタシの好きなケイト・ベッキンセールも、走ってるシーンとかだいぶドタバタした感じに映ってしまっていてカッコ良くない。どうやらこの監督はモンスター好きらしいので、その手のシーンはそれなりに見せてくれるのだが、この作品ではスカッとさせてくれるのはあくまでアクションシーンだろう。だからそのアクションの演出が今イチだと、全体の印象がボケてしまうのだ。

更に言ってしまうと、ケイト・ベッキンセールが美しく撮れていないのが最悪(爆)。昔の男勝りの王女という設定がもうケイトに合ってないからミス・キャストなんだが、それを無理してメイクで合わせてるのでどうにもブスくさい。ここがクリアされてればそれだけで評価5割増だったのに(って、結局それか!?w)


ヴァン・ヘルシング 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】

ヴァン・ヘルシング 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray
ヴァン・ヘルシング コレクターズ・エディション [DVD]

ヴァン・ヘルシング コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

1ヶ月無料のU-NEXT