SSブログ
その他情報 ブログトップ

「ゴジラS.P」がメチャクチャ面白い件! [その他情報]

今クールは久々にマトモにアニメを見ています。それはもちろん、クッソ面白かった「SSSS.GRIDMAN(SSSSグリッドマン)」の続編(?)「SSSS.DYNAZENON(SSSSダイナゼノン)」の放送という『事件』があったから。そしてたまたま目にした「ゴジラS.P」もせっかくやし…と軽い気持ちで録画予約したという次第。

もちろん「ダイナゼノン」も期待に違わずムッチャ面白いんだけど、それ以上に私が熱狂しているのがこの「ゴジラ」の方なんですよ!(ということでブログで紹介するのもこっちが先w)

これ、ネトフリアニメなんですよね。岡田斗司夫チャンネルで言ってたけど、ネトフリアニメではまともな作品は難しい(権利関係がほぼネトフリに帰属らしく)ということだったんだけど、東宝が絡んでるって言うことは権利系でも風向きが変わってきたのか?それとも今作だけ特殊なのかな?

何が面白いかって言うと、私が大好きな「シミュレーション・ストーリー(もし現代日本に怪獣が現れたら)」の部類であること、一連の旧作・旧怪獣へのリスペクトの仕方とアップデートされたデザイン、ケレン味を排した堅実な演出、キャラクターたちの性格描写も破綻がなくてすんなりとその世界に入っていけること…等々。

godzilla-sp.jp


萌え要素が全く無いのもいい。萌えが悪いとは言わないが、萌え系の作品の大半は萌えキャラを魅力的に描くことに終始し、物語や演出に全く魅力を感じない。キャラクタービジネスだけが映像から透けて見えてゲンナリしてしまう。

数多くのキャラクターが参加している群像劇となっていること、内容がややペダンチックで難解なイメージがあることなどが間口を狭くしている部分があるのか、上記「ダイナゼノン」に比べてネット上でもあまり話題になっている様子がないのが残念。評判の悪いアニメ版ゴジラ映画三部作があるために食わず嫌いなのかも?などと疑っているが、今作を見ないのはあまりに惜しい!

アニメファンにもゴジラ・怪獣映画ファンにもぜひ一度見て欲しい!この密度の高さは絶対にクセになるはず!今まで5話まで放送されたが、まだ正式にはゴジラは出てきていないので(!)、これからでもきっと楽しめると思う!気になった方はぜひご覧ください!!


タグ:ゴジラ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

博多駅ビル広告にファッショナブルなウルトラの母♪ [その他情報]

n-2366-01b.jpgウルトラシリーズも過去の栄光に浸り過ぎで目立った新作もなく、最近はワタシも映画すら観に行かなくなりましたが(笑)やっぱり「〜レオ」辺りまでのキャラに関してはちょっと反応してしまいますねぇ。

かくいうワタシも神奈川在住なので知らなかったですが、九州・博多の駅ビル〈アミュプラザ博多〉の大規模リニューアルが終わって3月1日にグランドオープンしたのですが、それにともなうリニューアルオープン広告のモデルに“ウルトラの母”が起用されています。

ニュースにもなっていますが、下記サイトが当該ファッションビルの公式サイトです。

AMU 3.1 ULTRA RENEWAL
JR博多シティ アミュプラザ博多

左上のポスターといい、なかなかキャッチーですねぇ。下に貼り付けときますが、CMもちゃんと作ってあります。合成などは簡単に済ませた感満載で、制作費の安さを感じますが(笑)それでも円谷プロが全面協力しているのでしょう、キレイな仕上がりではあります。

まぁ、ターゲットの女性たちに対してアピールできるのかは未知数ですけど(笑)。




元小売業広告担当出身者としては、こういうの見ると『頑張ってるなぁ』とちょっとうれしくなりますね(笑)。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「バクマン。」なんだけど… [その他情報]

51HdppasUSL._SS500_.jpgジャンプの連載はもう終わったんですね・・・・。
ホビー | マイナビニュース
[今週の新刊]24年ぶり復活「キン肉マン」 最終巻まであと1巻「バクマン。」
ワタシは原作は4巻止まり(友人から借りて読ませてもらった)、後はNHKのアニメで楽しませてもらってるだけなんで、マンガ系の情報はほとんど知らないもんで・・・・(汗)。

確かにあの話では延々とやって行けないもんね。マンガで成功しなきゃ漫画家として継続してやって行けないし、大成すれば恋愛成就となってめでたしめでたしで終わってしまうわけだし。そういう意味では当然なんだろうなぁ。

そう言えば同作者の「DEATH NOTE」も、あの内容の濃密さでずいぶん超大作な気がしてるけど、単行本は12巻で終わってるんだよね。そう考えると20巻はよく頑張ったと言えるかもね(笑)。

ちなみにワタシはここまで来たらアニメで最後まで楽しみたいので、原作のラストとか書き込まないでね(って書くと誰かが書き込みそうだなぁw)。今度の秋冬の放送で最終回まで行くのかなぁ。



バクマン。1 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

バクマン。1 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray
バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/01/05
  • メディア: コミック
DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/04/02
  • メディア: コミック

タグ:バクマン。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「チャックま のおなか。inあつぎ」開催中。 [その他情報]

image-6.jpegて事で、詳しくはアメブロへ(爆)

「チャックま のおなか。in厚木」開催中!
http://ameblo.jp/tomoart-jp/entry-11214980529.html

これが終わったらまた復活しますんで、そん時までバイナラ!(古っ!笑)

tomoart作品展「チャックま のおなか。in あつぎ」
会期:4月9日(月)まで
   午前10時〜午後6時30分 ※最終日は午後2時まで。
会場:厚木市 市民ギャラリー
   神奈川県厚木市中町1-5-10 イオン厚木店7階
タグ:チャックま
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

佐藤未麻 水彩の原画展 [その他情報]

友人・ミアサの水彩画展に日曜に行ってきました。

会場は小田急線・祖師ケ谷大蔵駅から徒歩5分のカフェ、CHARTREUSE CAFE(シャルトリューズカフェ)。ワタシが北千住でやったのと同じように、ギャラリーカフェでの展示。

彼女が数年前に大学の卒業制作として友人と共同で制作した絵本と、その絵本に掲載した水彩画の原画を展示するという内容。

彼女の絵はサラサラッと描かれていて軽やかで淡い色使いがとてもきれいです。原画を展示する目的で描かれていない事もあり、端の方にちょこっと試し描きされてたりするのが逆にかわいかったりします。展示されている絵ではほとんど下描きもせずに水彩絵の具で描いたものもあるとの事で、感性で描けないワタシからすると羨ましい事この上ない(笑)。

ちっこく描かれた男の子や雪の上の足跡をよくよく見てると気持ちがほっこり暖かくなるような作品13点です。

会場のCHARTREUSE CAFEは猫カフェという訳でもないけどネコが二匹いてwネコ派のtomoartは子猫のマルコと結構たわむれてしまった・・・・。窓が大きく三方にあり開放感があって居心地良く、ビールも美味かったです(爆)。お陰で4時間くらい滞在してしまった(汗)。いや、すいませんw

miasa2.jpg
(ネコのマルコ、ミアサ本人、作品の入ったベストショットw)

近くに行かれましたら、是非見に行ってみて下さい。作品もカフェもとてもいい雰囲気ですよ(ウルトラマン商店街も下町してて楽しいです笑)。



「佐藤未麻 水彩の原画展」“SATO MIASA watercolor paintings exb.2011”

会期:開催中/12月25日(日)まで
会場:CHARTRUSE CAFE(小田急線祖師ケ谷大蔵駅より徒歩5分)
営業時間:12時〜21時(水曜定休)
miasa_painting.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

tomoart作品展「チャックま のおなか。」in北千住 [その他情報]

という事でtomoartの個展が始まりました。作品作りがギリギリになってしまった関係で告知が不十分な中でしたが、初日から友人が10人以上来てくれて本当に良かった。寝不足でしたが一日楽しく過ごす事が出来ました。

110916チャックま展1.JPG

いろんなところに告知を貼り付けているので今更ですがw今回の展覧会は9月28日(水)まで東京・北千住の葉っぱカフェでやっていますので、お近くに行かれた際はぜひお立ち寄りくださいm(_ _)m

これでやっと少し落ち着けそうです。当ブログの更新ももちっとマトモになると思いますので、よろしくお願いします(笑)。
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

美準展開催中!in 神田神保町 [その他情報]

会期前に告知した通り、ただ今「第一回 美準展」開催中です。昨日中日を過ぎ、いよいよ残すところ後3日となりました。
bijunten2.jpg

初日はグダグダでしたがw2日目の途中くらいでかなり展示もきれいになりましたので、会場の様子などアップさせてもらいます。

bijunten1.jpg

入口まわり。SPIN GALLERYの住所は『小川ビル』となってますが、全くビルじゃなくてどちらかと言うと『アパート』です(爆)。

また、上記のハガキに掲載した地図を頼りにいらっしゃる場合、入って来る脇道がかなーり狭いです。不安になるぐらい(笑)。その不安を振り切ってw踏み入ってください。

ワタシの作ったその地図自体が分かりにくいというご指摘を大量に受けてますが(汗)、地下鉄神保町駅のA-5出口を出たら左に直進し、3本目の脇道(上で指摘したように大変狭い)をまっすぐ進んでいただくと写真のような入口が見えるはずです。


bijunten9.jpg会場内。何度も書いてますが、大変狭いです(木亥火暴)。8畳あるかないかくらい。しかも備品が置いてあったりするので、有効面積は更に少ないという(汗)。それでも会場は割とキレイにうまくまとまったと思いますw

写真は広角レンズで撮ってるのでやや広そうに見えますが、騙しなんで信用しないでくださいね(爆)。作品は小さめのモノがたくさん飾られている感じですが、ワタシとしてはチマチマしてると言うよりは雑貨屋さんみたいな楽しさが出てて良いと思ってるんですけどどうでしょう(笑)。

bijunten2.jpg現菓子メーカーパッケージデザイナーのメグ先輩の作品群。架空のお店『kohitsuji-ya』のためのお菓子のパッケージやビジュアルです。チロルな感じのイラストがカワイイです。















bijunten3.jpg高校当時美術部部長だったマサコちゃんのバラを描いたイラスト連作。色鉛筆の発色がキレイです。よく見ると意外と(失礼w)細かく描いてあるw











bijunten4.jpg小学生の男の子二人の母親業が忙しいのに頑張ってるいぶしょうさんの作品群。右下のはペットボトルのフタを使ったカワイイ針刺しが並んでいる作品。一つ一つ柄の違う布が使われていて、これだけ並ぶと結構キレイです。単品売りもしてるので(@300円)触る事も出来、プニプニ感を楽しむ事も出来ますw







bijunten6.jpgフリーの工業デザイナー文さんの作品。所属している日本インダストリアルデザイナー協会で毎年開催している『エコ展』に出品した作品3種が一気に見れます。下に置いてある黒い塊はゴムシートを使ったスツール。座ると独特の柔らかさというか固さというかがあって面白い。もちろん会場でお座りいただけます。







bijunten5.jpgワタシのキャラクター『チャックま』くんコーナー。何とか10点揃えました(汗)。全部ではないけど半分くらい、額内で二重になってる作品の、裏側を覗くと隠しキャラが・・・・。それは来て見てのお楽しみです(笑)。








ついでに今までウェブでは紹介していなかった、チャックまの仲間を紹介します。
bijunten7.jpgbijunten8.jpg
ジッパンダとファスニャンです(木亥火暴)。今回は隠しキャラ的にしか活躍していませんが、今後(会期後)の展開ではもう少し前面に出て来ると思います。今回はチャックまのデビューの場なので、取りあえずチャックまを立てています(笑)。時流に乗ってるのはジッパンダかと思ったのですが(上野にパンダが来たので)、意外にもファスニャンが結構人気。実はファスニャンが一番難産だったんです・・・・。その辺りが聞きたい方は、会場でtomoartに声をお掛けくださいw

bijunten10.jpg色々な作品を見てお気に召したものがありましたら、関連グッズ販売もやってますよ。結構買っていただいております。ありがとうございますm(_ _)m
実は作品も一部販売しています。ワタシのキャラたちチャックまシリーズは@1万円の価格を付けさせていただきました。さすがにまだ売れてませんが・・・・・(笑)。








という事で幸い連日盛況な今回の展覧会です。26日(木)まで連日11時〜19時(最終日は17時まで)やってますので、まだの方はぜひお立ち寄りください。


タグ:チャックま
nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

うぐ、金田伊功、墜つ・・・。 [その他情報]

・・・・ザ・ジャパニーズ・アニメーター、金田伊功氏が亡くなりましたか・・・・。
東京新聞(TOKYO Web)
【おくやみ】金田伊功氏死去 アニメーター
『金田 伊功氏(かなだ・よしのり=アニメーター)21日、心筋こうそくのため死去、57歳。奈良県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。後日お別れの会を開く予定。
 映画「宇宙戦艦ヤマト」「風の谷のナウシカ」など多数のアニメの原画制作に携わった。(共同)』


金田氏と言えば、80年代のアニメブームで最も輝いていたアニメーターの一人。彼のアニメートの素晴らしさは色々あるけど、どう見ても繋がらない(フィルムになった時に動いて見えそうもない)画を繋いでいるのに動いているように見えるところ。これはフルアニメーション(24枚の画を繋いで1秒の動画にする事。ディズニーなどが有名)では考えられない、リミテッドアニメ(日本では8枚の画を繋いで1秒の動画にする事を差す事が多い。日本のテレビアニメはほとんどこれ)の申し子とでも言える表現手法で、これによって従来では考えられなかったダイナミックな動きを表現する事が出来、金田アニメのもう一つの特徴であるパースの強調と相まって、ロボットアニメの作画に革命をもたらしました。
ワタシが一番記憶に残っている金田作画と言えば、富野由悠季監督の衝撃作「無敵超人ザンボット3」。ザンボット3やザンボエースの動きのカッコ良さや、より“らしい”キラー・ザ・ブッチャーの弾けた動きなど、そのアニメートは悲惨なストーリーに対して余りにも際立っていました。
もう一つは同じく富野由悠季監督の「無敵鋼人ダイターン3」。こちらは華やかなストーリーにマッチして、素晴らしい相乗効果をあげていましたね。

いまだ現役としてゲームのムービーなどに参画していたとの事で、まだまだ働ける年齢での急逝は惜しい限り。ご冥福をお祈りいたします・・・・。



もう一つ、超マイナーアニメ「魔境伝説アクロバンチ」のOPもやってました。本編には参加していませんでしたが、確か11話だけ金田氏の弟子(?)の越智一裕氏が作画監督をやっており、その回だけはキャラが下膨れ顔ながら、やたらきれいな作画だったのでしたw
魔境伝説アクロバンチ DVD-BOX

魔境伝説アクロバンチ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD

タグ:訃報
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アニメ監督鳥海永行氏が亡くなった・・・・。 [その他情報]

ワタシたちの世代にとってはエポックメーキングな作品を数多く手がけられた、今では押井守の師匠としても有名な鳥海氏がお亡くなりになったそうです。
文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「ガッチャマン」「ニルス」アニメ監督の鳥海永行氏死去
『鳥海永行氏(とりうみ・ひさゆき=アニメーション監督)23日死去。67歳。
告別式は26日正午、東京都八王子市別所1の19の10蓮生寺仏殿。喪主は妻、ひろ子さん。
「科学忍者隊ガッチャマン」「ニルスのふしぎな旅」「しましまとらのしまじろう」など多くのテレビアニメを手がけた。(引用)』

鳥海氏の作品では「破裏拳ポリマー」「ゴワッパー5ゴーダム」、記事中にある「ニルスの不思議な旅」なんかが好きでした・・・・ご冥福をお祈りいたします。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝日ソノラマ消滅。 [その他情報]

まだ若干時間がありますが、朝日ソノラマが会社をたたむらしいです・・・。

新着情報
朝日ソノラマという会社はなくなります


朝日ソノラマといえば、ワタシには雑誌「宇宙船」や特撮ムック本「ファンタスティック・コレクション」、そして「朝日ソノラマ文庫」の会社。

文庫本では、中学時代に買っていたのはほとんどここのだったんじゃないだろうか。「クラッシャー・ジョウ」「吸血鬼ハンター・D」「トレジャーハンター(エイリアン)」「キマイラ・吼」「機動戦士ガンダム三部作」「伝説巨神イデオン三部作」「マッドボーイ」などなど・・・印象深い作品との出会い、そしてなにより挿絵画家としての天野喜孝との出会いを作ってくれた。

ファン・コレは、今でこそ山のように出ている特撮テレビシリーズ・ムックのハシリ。ワタシ的には白眉は何といっても「No.11ウルトラセブン」だ。詳細な各話紹介とミニ評、そして池田憲章の作品評に胸を熱くしたものだった。

「宇宙船」で一番印象深いのは、既に20年位前になるが写真+開田裕治イラストの合成だった表紙。未だCGなど存在していない頃、その完成度の高さはビジュアルとして驚異だった。(出来にムラはあったけどw)

一昨年の「宇宙船」、去年の「スターログ」休刊と合わせ、一時代が終わって行く悲しさがあります。関係者の皆さん、ありがとうございました・・・・。


ワタシの秘蔵本シリーズ(w)ファン・コレNo.11「ウルトラセブン」。




文庫は名作が目白押しですが、今回はこれ。美人アンドロイドのハシリとも言えるんじゃないでしょうかw 日本が戦勝国になっている異世界といい、ギャグにくるまれているけれども恐ろしい内容ですよ。辻真先執筆の全3巻のシリーズの一作目。

謎の戦乱惑星ラア―マッドボーイ・シリーズ1 (1980年)

謎の戦乱惑星ラア―マッドボーイ・シリーズ1 (1980年)

  • 作者: 辻 真先
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • 発売日: 1980/09
  • メディア: -


さすがに「ウルトラセブン」のファン・コレはamazonでも売ってないw こちらは放送から6年を経て発売された奇異な特撮ドラマ「シャンゼリオン」のムック本。本当は放送当時欲しかったけど、6年経ってでも発売してしまう粘り強さに感動しましたw

超光戦士シャンゼリオンバイブル―ファンタスティックコレクション

超光戦士シャンゼリオンバイブル―ファンタスティックコレクション

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: 大型本


こちら宇宙船最終号。既に他に読むSF雑誌がありません・・・仕方ないから「HIHO」を立ち読みしてます(爆)。

宇宙船 2005年 07月号

宇宙船 2005年 07月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • 発売日: 2005/06/01
  • メディア: 雑誌


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
その他情報 ブログトップ
1ヶ月無料のU-NEXT