So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ブレードランナー(字幕版) [洋画レビュー]

51dj3BAYDZL.jpg「ブレードランナー(字幕版)」(監督:リドリー・スコット)

久しぶりにながら鑑賞したのでちょっと書いておこう。うちにあるのは「『ブレードランナー』製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション・プレミアム(5枚組み) [DVD]」なので毎回どのバージョンを見るか悩むのだがw今回も結局「ブレードランナー ファイナル・カット」に。一番映像がきれいだろうと勝手に思っているからなんだけど、もしかしたらほとんど変わらないのかもしれない爆。
ときどきデッカードのナレーションが恋しくなるのだけど、ながら鑑賞ではナレーションはあまり堪能できないのでノーナレになってしまう。ノーナレならやっぱ「ファイナル・カット」でいいやろうとなる。

最近岡田斗司夫チャンネルをYou Tubeでときどき見ていて、ブレラン関連も少し見て「なるほどね」と思ったりしているのだが、今回はそんなこともあって見方が少し変わったかもしれない。

ブレランを見て一番思うのは「なんでこんなに何度も見てるのかなぁ」ということ笑。ブレランてそんなに面白いですかね?なんかストーリーはスカッとしないし、気まずいシーンもたくさんある。ワタシが見てて嫌なシーンは、目のおっちゃんがいたぶられるところとか、セバスチャンとプリスの一連のシークエンスの部分とか。いつも早回ししちゃったり、今回も別のことをやってて見てなかったw。

それなのに映画自体はつい見ちゃう。映像の良さ、特撮のきれいさ、ヴァンゲリスの音楽、シド・ミードのフューチャーデザイン。ショーン・ヤングの美しさ(実際の性格は置いといてw)、ハリソンの情けなかっこよさw、ルドガーのデブかっこよさ。そんなものが頭にこびりついているからかもしれない。

今回見てて思ったのは、ちょっとしたシーンが好きだったりすること。うろこを調べてくれるおばちゃんのシーンとか、レイチェルに振られてヤケ飲みするデッカードとか、もちろん「2つで十分ですよ」とか大好きw。バッティの「Time to die.」&ハトさんのシーンももちろん好きなのだが、どちらかと言うと「Attack ships」とか「Tannhäuser Gate」っていう言葉の響にシビレるかな笑。

最近バッティが死期を延ばそうとして左手に釘を差すのが“スティグマータ”だという指摘(岡田斗司夫だったかな)を聞いてなるほど!と思ったのだが、よく見たらゾーラの最期、背後から撃たれた彼女の背中の傷がちょうど両肩甲骨の辺りについていて、見方によっては天使の羽根がもぎ取られた痕のようにも見えるなー、と気がついた。バッティがデッカードを救い上げるのがその左手だというのも、『弱っている腕でわざわざ持ち上げた』だけだと思っていたのだが、もしかしたら『神の手』が救う、という理由で左腕で持ち上げたのかもしれない。

そんな風に考えると、人造生命のレプリカントこそが「神」であり、リドリーがレプリ=神に対してより愛情を感じている気がする。だから主人公・デッカードがレプリでも、リドリーとしては全く問題ないわけだ。ハリソンは違ったみたいだが。
この考え方って、ワタシのNo.1映画「バットマンリターンズ」でティム・バートンが披露したフリークス愛と似た図式だと気づいた。つまり主人公は守るべき一般ピープルよりも、戦っている敵方とより近しいわけだ。

そう考えるとデッカードがレプリなのは当たり前だということになる。今回見たファイナル・カット版はもちろんユニコーンシークエンスが出てくるわけだから、ラストにガフが置いていくユニコーンの折り紙によってデッカード=レプリであることはほぼ確定されているわけだけど、それ以外のシーンでも、そのつもりで見ていると明らかにレプリであることを意識した演出が多い。

冒頭の、逃げてきたレプリの説明をデッカードが受けるシーンでブライアンが見せる不安そうな眼差し(あるいは推し量るような、確認するような)は明らかに『こいつはちゃんと(あるべき)予定通りの人間になっているだろうか』という心配を孕んでいる。
レイチェルとの初対面シーンでは、ティレル博士がVK検査をレイチェルにやってみてくれ、と頼むわけだが、これって逆にティレルは、デッカードがちゃんと役割を果たせるのかをチェックしたかったようにも見れる。
デッカードは腕利きのブレードランナーのはずなのだが、一人目のゾーラを殺したときのうろたえ具合。あれはきっと、実際に殺したのは初めてだったからなのではないか。そしてその直後に現れるブライアンがガフに「彼(デッカード)を見習え、腕利きだぞ」ってわざわざ言うのは、かなりの皮肉というか揶揄しているのだとわかる。

そしてガフはいつもデッカードを冷笑するような表情で見ている。それは彼自身が、使い捨てのレプリの監視役だからなのだろう。デッカードが助けられバッティが死んだシーンの直後に彼が現れるのも、デッカードも使い捨てだから死のうが構わない、決着がつくのを近くで待っていたからなのだ。

ということで続編「ブレードランナー 2049」が公開済みの今ではあるが、デッカードはレプリカントであり、2049は続編ではないということになった笑。まぁそれでいいんだろう。2049は別物として、「ブレードランナー」にはやはり続編は不必要なのだ。





ブレードランナー 2049(初回生産限定) [DVD]

ブレードランナー 2049(初回生産限定) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

マーベル・シネマティック・ユニバース【覚え書き】 [ひとり言]

見逃しチェック用。順次見なければ…汗。

フェイズ1

『アイアンマン』(2008年公開)鑑賞済
『インクレディブル・ハルク』(2008年公開)鑑賞済
『アイアンマン2』(2010年公開)鑑賞済
『マイティ・ソー』(2011年公開)鑑賞済
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年公開)鑑賞済
『アベンジャーズ』(2012年公開)鑑賞済

フェイズ2

『アイアンマン3』(2013年公開)鑑賞済
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年公開)鑑賞済
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年公開)鑑賞済
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年公開)鑑賞済
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年公開)鑑賞済
『アントマン』(2015年公開)

フェイズ3

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)
『ドクター・ストレンジ』(2016年公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年公開)
『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年公開)
『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年公開)
『ブラックパンサー』(2018年公開)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年公開)
『アントマン&ワスプ』(2018年公開)
『キャプテン・マーベル』(2019年3月8日全米公開予定)
『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年5月3日全米公開予定)

フェイズ4以降

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年7月5日全米公開予定)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3 (原題)』(2020年公開予定)




Xメン系
 『X-メン』(2000年公開)テレビ鑑賞
 『X-MEN2』(2003年公開)テレビ鑑賞
 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006年公開)鑑賞済
 『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009年公開)鑑賞済
 『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年公開)鑑賞済
 『ウルヴァリン: SAMURAI』(2013年公開)
 『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014年公開)鑑賞済
 『デッドプール』(2016年公開)
 『X-MEN: アポカリプス』(2016年公開)
 『LOGAN/ローガン』 (2017年公開)
 『デッドプール2』 (2018年公開)
 『X-MEN: ダーク・フェニックス』 (2019年公開予定)
 『ニュー・ミュータンツ(原題)』 (2019年公開予定)
 『ガンビット(原題)』 (2020年公開予定)




ソニピク・スパイダーマン系
 『スパイダーマン』(2002年公開)鑑賞済
 『スパイダーマン2』(2004年公開)テレビ鑑賞
 『スパイダーマン3』(2007年公開)テレビ鑑賞
 『アメイジング・スパイダーマン』(2012年公開)鑑賞済
 『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年公開)鑑賞済


タグ:マーベル
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2D・字幕版) [洋画レビュー]

Star_Wars_The_Last_Jedi.jpg「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(2D・字幕版)

もう3年近くも放置していて、今更フォーマットを合わせてもしょうがないから何もかもすっ飛ばして感想を笑。ネタバレも気にせず書くので、観てない人は観てからも一度来てね。


「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」もレビューしてないのに、今作を急に書きたくなったのは、やっぱりキャリー・フィッシャーの死という要素が否定できない。マーク・ハミルもそうだが、Big HitどころかBiggest Hitな旧三部作主演という華々しさから一転、何とも切ない人生を送ってきたキャリー。それでもこうやって「スター・ウォーズ」に帰って来て、みんなに暖かく迎え入れられてから亡くなったことは、それだけでもこの新たな三部作をつくった意味があったと思える。

さて、「最後のジェダイ」である。まぁワタシ的にはほぼ忘れてた笑「フォースの覚醒」の感触も含めたレビューとなると思うが、一言で言うと「やっぱダメ」という事になると思う。

なんでこうもダメなのか。「フォースの覚醒」の段階で、なんだかどうでもいい映画、という感じなのである。だから劇場で一回だけ観て、その後全く見返していない。

歳を取ったから新しいものが受け入れられないのか、とも思った。でも受け入れられなかったエピソード1〜3ともまた違う受け入れられなさなのだ。ここには何か理由があるはずだ。

どうも今回のシリーズ、全体から受ける印象がモノ凄く散漫なのである。芯が感じられない。

なんだかいろいろな惑星が出てきて、いろんなキャラが登場する。落ち着かないのだ。今回で言うと、新しい三人組のレイ、フィン、ポーは全員バラバラに行動している。それぞれにいろんなことが起こる。レイはカイロ・レンとルークの間でふらつき、フィンはローズと仲良くなる。ポーはレイアに噛み付き、ホルド提督に噛み付く。細切れなのだ。話が同じようなボリュームで並行して進むとどれにも集中できず、観ていても取り残された気分である。

しかも登場人物がやたら多い。新三人組+カイロ・レンにハンが死んだとは言えルークとレイア、皇帝(?)スノーク、ローズ、そして何やらホルド提督までそこそこスポットを浴びてしまう。これでもう9人である。ちょっと…いやかなり多い。
例えば旧三部作ではエピソード4が主役三人組+ダースベイダーとオビ=ワンの5人だけである。エピソード5は4人+ヨーダ、ランドの6人。エピソード6は4人+ダース・シディアスの5人。今作に比べると半数くらいの感覚である。

登場人物が多いという事は、それぞれのエピソードが少なくなり描写も短くなり、キャラが薄まっていくことに他ならない。だからスノークはあっさりやられちゃうし(失笑)、レイはいきなりフォースに目覚めちゃうし、そのまま暗黒面まで見ちゃう。スジがいいとか言うレベルの問題じゃない笑。エピソード5でのルークの苦労は一体なんだったんだと。エピソード1の『ミディ=クロリアン』並の興ざめポイントである。
レイとカイロ・レンの交流も、なんだか足早過ぎて全く感情移入できない。『心を読めるから意思の疎通が早い』的な説明をされても、それってキャラの感情を無視してるんじゃないの?と思わざるを得ないのである。

どう考えても今作をもっとマシにするなら、新三人組を分けるなら二つ(レイ、フィン&ポー)にして、レイがルークの説得に、フィンとポーが敵防御シールドの解除に携わり、レジスタンス本丸の話は最小限にすれば良かったのだと思う。金(Budget)があり、何をやってもそこそこヒットすることが確約されているような「スター・ウォーズ」だからこそ、もっともっとストイックに製作して欲しいと思うのだ。

ところで書き出しで書いたように、キャリーの遺作となった今作。一番のグッと来たポイントは最後のレイアとルークの再会のシーンだ。役者として私人として「スター・ウォーズ」のせいで苦労の多い人生を送ってきた二人が、スクリーンの中で、「スター・ウォーズ」の映画スクリーンの中で再会する…こんなのは反則である。上に文句をたくさん書いたのに、ホントにここだけで水に流したくなる(流さないけど)シーンでした。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「テクノポリス21C」Blu-rayがまさかの発売!? [邦画News]

ご無沙汰(しすぎ)ですが、これは書かずにはいられないので出てきました笑。
HI-METAL R テクロイド ブレーダー【Amazon限定『テクノポリス21C』Blu-ray DISC付属版】 | 魂ウェブ
Amazon


ついに、ついにです!これを30年待ってたんです笑。あぁ、クリアな映像で「テクポリ」がまた見られるのかと思うと感涙…。オマケのブレーダー(こっちが本体かw)も超期待ですが、腰が現代のガンプラよろしく分割されているのが全くもって気に食わない。これも時の流れでしょうか。宮武一貴が監修しているのにこれかよと。あの腰は、分割しなくても充分動くようにデザインされていたと思うんですがね…。

「テクノポリス21C」レビュー
http://tomoart.blog.so-net.ne.jp/2009-03-03
もう9年前のレビューですが汗。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

新「サンダーバード」まもなくNHKで放送! [その他情報]

スクリーンショット 2015-03-16 3.41.41.pngご無沙汰でした(汗)。
以前紹介したリニューアル版TV「サンダーバード」が日本でも放送されることに!しかもオリジナル同様、NHKでの放送ですよ〜!

NHKアニメワールド サンダーバード ARE GO


すべてNHK総合にて放送。
8月15日(土)午後6時10分 第1話「インターナショナル・レスキュー出動!〈前編〉」
8月16日(日)午後6時10分 第2話「インターナショナル・レスキュー出動!〈後編〉」
8月22日(土)午後6時10分 第3話「スペース・レース」
8月29日(土)午後10時00分 「インターナショナル・レスキュー出動!」スペシャル版
※29日(土)の放送は1、2話を再編集した拡大スペシャルです。
9月22日(火・祝)午後6時10分 第4話「危険な鉱山を閉鎖せよ」
9月23日(水・祝)午後6時10分 第5話「消えたファイヤーフラッシュ」

変則的な放送なので、忘れないようにしないと(汗)。みんな頑張って見ましょう!

併せてオリジナル版「サンダーバード」の名作選も放送されるので、まさかの未見の人は是非チェックを。
8月20日(木)午前0時10分 ※19日(水)深夜 「ジェット“モグラ号”の活躍」
8月21日(金)午前0時10分 ※20日(木)深夜 「宇宙放送局の危機」
8月29日(土)午後4時20分 「海上ステーションの危機」
9月21日(月・祝)午前9時5分 「湖底の秘宝」
9月22日(火・祝)午前9時5分 「ピラミッドの怪」
9月23日(水・祝)午前9時5分 「超音ジェット機レッドアロー」

ワタシとしてはオリジナルはやっぱり第1話が秀逸だと思うんだけど放送ないのかな?
ワタシ自身はオリジナルはDVD-BOX持ってるんでいつでも見れます(笑)




おもちゃもタカラトミーから発売が決まってます。やっぱ2号が楽しみ!プラモも出ないかなぁ〜。
ちなみにAmazonではまだ見つけられなかった…( ̄▽ ̄;) まだ発売日は決まってないのか?
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「スター・ウォーズ7」最新予告編+α(ファンメイド)版w [洋画News]



先だって発表された「スター・ウォーズ:ザ・フォース・アウェイクンズ」の予告編第2弾に、以前発表された第1弾の予告編の映像を挟み込んで出来た、ロングVer.のファンメイドのTrailerです。かの地のファンはホント上手いですね、こういうのw

取りあえず現段階で発表されている映像に関しては、これで全て満喫出来るということで。

正式な第2弾Trailerも載っけておきます。

最初の砂漠の星の映像にかぶさる音楽から朽ち果てたXウイングとデストロイヤーで掴みはOK、そして最後のハンとチューイのショットでグッと来てしまう、往年のファンの心理を巧みに突くJ・J・エイブラムス監督の手腕には脱帽してしまいますね。
こういう往時の作品をリスペクトした演出は、過去作に自らが関わり過ぎていたジョージ・ルーカスには絶対に不可能だったことを考えると、ルーカスの手を離れて「スター・ウォーズ」はやっと本当に伝説として機能し始めている、と言えるのかもしれません。

なお、砂漠の星の映像を見ると、ファンとしてはこれは当然タトゥイーンだろうと思ってしまうわけですがどうやら違うらしいです。
第2弾のTrailerは、米国で開催された「スター・ウォーズ・セレブレーション(ファン感みたいなもの。過去に日本でも一度開催されています)」の場で発表され、その時に設定等々を監督たちから暴露されているようで、その辺りの詳しい情報(プラスα)は映画CIAさんにてご参照ください(笑)。

何はともあれ、まだまだこの一年盛り上げてくれそうで楽しみです!
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アベンジャーズ2」公開前の最終予告編! [洋画News]


まぁ見といてください(笑)。楽しみです♪







nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

テレビ「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」放送開始。 [その他情報]

TVシリーズ『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』



劇場版「攻殻機動隊 Arise」(レビューはこちら)を再構成+αで30分番組×10回とするということらしい。

今日の初回を見たが、いきなりborder:4からスタートしていた。攻殻機動隊としてある程度完成形を見せておいてから、チームが出来ていく過程を見せるつもりなのかな?

要は新作1本分(border:5相当ということか)の公開方法がこういう形になったということなのか。10回というのはちょっと中途半端な気がするけど、もう一本つくって12回には出来なかったのかなぁ。
もしかすると8回シリーズで売れなかったので仕方なく1本つくって10回にしたのかもしれないが。

まぁ資産の切り売りが得意なバンダイビジュアルのことだから、今後も色々やってくるんだろう(笑)。
取りあえず今回の「攻殻機動隊AAA(と言うかどうかは分からないがw)」を見守っていきましょう。

放送局は以下の通り。
news_01.png

ワタシは東京MXを録画しているが、見逃した人はBS11があるようです。

ちなみに今回知ったけど、新しい劇場版を作ってるらしいのでそちらもちぇけら
あぁ今回のテレビシリーズ、それに向けての宣伝番組でもあるってことかぁ・・・・






タグ:攻殻機動隊
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

新しいCG版「サンダーバード」が来月から英国にて放送開始だって。 [その他情報]

「サンダーバード」と言えば、あの忘れ去りたい実写版の悪夢を彷彿とさせますが(笑)こちらはかなりオリジナルを尊重した形のテレビシリーズだそうです。
最新予告編↓

すげー、そのまんまじゃないですか?(笑)

上の予告編のキャプチャ画像で、取りあえずレスキューメカをご紹介しましょう。
スクリーンショット 2015-03-16 3.41.41.png

もっともポイントの1号と2号です。
特に1号はオリジナルをほとんど引き継いだデザインに見えますね。
2号も角張ったとは言え、間違えようのないデザインです。

スクリーンショット 2015-03-16 3.42.13.png

3号ですが、一番ハッキリと見せていないメカなので、どれぐらいオリジナルから変更があったかはよく分からないですね。

スクリーンショット 2015-03-16 3.42.47.png

4号です。ちょっと流線型(水滴型?)になってるように見えますね。

スクリーンショット 2015-03-16 3.40.53.png

5号ですが、中では一番変わった印象。まぁ見る角度が変わっただけかもですが(笑)。胴体を回すだけで人工重力に納得性が生まれ、宇宙ステーションらしくなりました。

スクリーンショット 2015-03-16 3.43.16.png

FAB-1(別名ペネロープ号)。今度のは空も飛べるらしい(笑)。

実写版映画でのデザイン改変を誰も受け入れなかった事を鑑みてか、いずれもオリジナルシリーズのデザインを相当踏襲していて、逆にこれじゃ新味がなさ過ぎじゃないかと心配になるくらいですね(笑)。

ただ動いているシーンを見ると、やはりCGならではのダイナミックな飛行シーンなどもあって、描写でオリジナルを凌駕しようという腹なのかもしれません。
なによりコンテナメカがどうなるのか、その辺り楽しみです。

…てか、ぜひ日本でも放送してください(汗)。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「エイリアン」次作、監督はN・ブロムカンプなのか!? [洋画News]

個展絶賛開催中のtomoartです(笑)。
映画ニュース ニール・ブロンカンプ監督、「エイリアン」シリーズ最新作を監督へ - allcinema


最新作「チャッピー」が3月に欧米で公開予定となっているニール・ブロムカンプ監督ですが、次作はホントに「エイリアン」シリーズになるのかな?

「エイリアン」シリーズと言えば、本家リドリー・スコットが監督した「プロメテウス」の続編の話も出て来ないですねぇ。それ言ったら「ブレードランナー」続編の話もですが・・・・

「エイリアン」シリーズ最新作、というのは、「プロメテウス2」という意味ではないように感じますが、ということは「プロメテウス」プロジェクトと別に、「エイリアン4」の次に来る?作品を作るつもりでしょうかね。そう言えば「プロメテウス」の企画が固まる前、「エイリアン5」というウワサも結構続いていた時期がありましたね。

まぁまだウワサですから、どうなっていくか分かりませんが・・・・





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。