SSブログ
前の5件 | -

シン・ウルトラマンは映画になっていない [邦画レビュー]

「シン・ウルトラマン」(樋口真嗣監督)

シン・シリーズということで世の中的にはかなり期待され、公開後は賛否両論となっている今作。私も公開間もない時期に観に行ったが、なんと言うべきかまとまらなかった。ただ興収も40億円が見えてきたということで、そろそろネガティブなことも書いていいかなと。

つまり以下ほぼネガティブなんで、今作を褒め称えたい人は読まないでください笑。



基本的には『まぁまぁ面白いけど手放しでは褒められない』そしてシン・シリーズとしては三作目にしてかなり評価の落ちる作品という印象。


この作品、庵野作品として見られる語られることが多いと思うが、内容的には明らかに樋口作品。樋口真嗣という人は「NOと言えない」監督なんだろうな…そんな感じで最大公約数的な、みんなの意見をまとめたらこうなりましたみたいな内容という気がする。その中に「シン」であること=庵野秀明が入っているのが良いのか悪いのか。

作品全体のトーンは庵野作品を模して作られている。登場人物の多くが理性的で、描かれる内容は派手なのに、全体を俯瞰して距離を置いた視点から物語が語られている。ところがそんな中で浅見弘子(長澤まさみ)の描写だけ浮いている。ギャグ風味なのだ。これが全体の雰囲気をぶち壊している。

これは「シン・ゴジラ」のカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)と同じ位置づけだが、ゴジラでは後半にならないと登場しないので影響は限定的だったと思う。今回のウルトラマンでは初っ端から浅見が出てくるので、映画全体が落ち着かない。

だいたい長澤まさみがかわいくない。こういう主に男性をターゲットにした映画でヒロインをかわいく撮れないなんて致命傷だと思うのだが…

私見だが、長澤まさみって佇まいで見せる人ではない。割と元気いっぱい活動的で動いているのがかわいい人だと思うので、「シン」としては人選からして間違っている気がするのだが。ここをもう少し理知的で真面目なキャラにして、ギャグ(というかユーモア)担当はメフィラス(山本耕史)に絞ってもっと徹底的にやればよかったんじゃないか?

あと、実は前述のヒロイン問題よりもっと大きい問題が『テレビの4話分を単純につなぎました』みたいな話の組み立てだ。『ウルトラマン登場〜対禍威獣戦』『ザラブ戦』『巨大浅見弘子〜メフィラス戦』『ゼットン戦』このそれぞれがバラバラの物語で、一本貫くストーリーがない(禍威獣がメフィラスの仕掛けだったという話はあったが、言葉だけ)。

公開前にネット民が予想したように『ザラブがメフィラスの手下』だったらもう少し印象が変わったのだが。貫くストーリーがないから、映画全体での盛り上がりがほとんど感じられない。ゼットンの描写にしても、一発くらい火球を発射して、その恐ろしい威力を見せるべきだった。それがないから恐怖感が全く感じられない。予算的にディザスターを描写出来ないなら、そもそもそんなラスボスを設定すべきではない。

いずれにしてもウルトラマンが地球上で活躍したという描写がもう少し必要だ。冒頭の「ウルトラQ」リスペクトを入れるくらいなら、途中にウルトラマンが次々と禍威獣を退治するようなシーンを入れて、ウルトラマンが地球人類に信用されていくシチュエーションを感じさせるべきだった。それがストーリーテリングの基本だと思うのだが。語られている話が全てだと、ウルトラマンがポッと出てきて引っ掻き回して去っていきました、みたいな感じで、話に広がり感がまるでない。

各国の対応などの描写もない、話の中心である禍特対がどの辺りにいるのかの位置関係の描写が全くない、禍特対の日常がほとんど描かれない、バディバディと言う割にはバディで何かする描写もない…この映画には周辺の情報がほとんど出てこないので、腑に落ちないままに見ているからやたらとモヤモヤする。これならザラブの話なんか吹っ飛ばして、この辺りの描写を入れてくれた方が良かった。

つまり私が考える「シン・ウルトラマン」改善策としては、・敵をメフィラスに絞り ・ザラブは大幅縮小しメフィラスの部下に、またはカット ・ゼットン戦もカット!メフィラスをラスボスにしてちゃんと決着をつける ・対禍威獣戦を、簡単ダイジェスト(冒頭のウルQ程度)でいいのであと3〜4回入れ、人間社会の反応を見せる ・禍特対描写をもっと拡大 ・長澤まさみ(てかヒロイン)をちゃんと魅力的に撮る! …等々、でしょうか笑。書き出してみたら多い…

前々から言ってるんですが、樋口真嗣は映画監督やらずに特技監督を専門にした方が良いと思うんだよなぁ。良い人だから(=作家性ゼロ)、周囲が重宝がってるんだろうけど(想像)。監督やらせるなら誰かが守ってあげないと、ちゃんとした映画をつくるのは無理だと思う。今回は東宝(興収・配役)・バンダイ(キャラビジネス)・円谷プロ(予算とウルアイデンティティ)・庵野秀明(ウル愛と作風)に挟まれて、大変だったんだろう。ご愁傷様です…

まぁ、大してデキが良くなくても(失礼)大人向けにつくったヒーロー映画が興収40億いける、っていう実績をつくったのは良かった。子供だましの平成令和ライダーとか平成令和ウルトラマンとかじゃない、大人の鑑賞に耐え得る和製ヒーロー映画がたくさんつくられるようになったら、改めて今作『シン・ウルトラマン』の功績を讃えたいな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「シン・仮面ライダー」にそこはかとなく感じる不安。 [邦画News]

「シン・仮面ライダー」の2号ライダーの配役やビジュアルが公開され、ニュースになっています。あ、あけましておめでとうございます爆。

https://mantan-web.jp/


このビジュアルを見ていて、なんだかちょっとモヤモヤしてしまいました…

庵野氏がやたら登用され始めたのは、皆さんご存知の通り「シン・ゴジラ」がヒットしたところからでしょう。更には「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」が100億を超える興収を上げたことで神格化してしまったと言ってもいい。一躍時の人となったわけです。そして矢継ぎ早に「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」と発表されるに至った。

「エヴァ新劇場版」シリーズはまぁ特殊な位置づけなので置いておくとすると、庵野秀明のホントの実績って「シン・ゴジラ」しかないわけですよね。

みんなは分かりませんが、私が「シン・ゴジラ」で良いなと思ったのは、絵空事なのがゴジラという存在だけだったこと。どう考えても現代にはあり得ないスーパー兵器などが出てこず、つまらなそうに描写されがちな政治判断みたいなところにも触れず、現在存在しているものを使って何とかゴジラを撃退しようとする官僚たちの奮闘がなんともリアルだったわけです。(石原さとみはコメディリリーフだから…)

その後「シン・ウルトラマン」が発表されましたが、これはゴジラの延長線上である程度予想できる感があり、また科特隊(多分)が変なコスチュームを着ることなく、真剣な表情で描かれた予告編を見るにつけ、「シン・ゴジラ」同様にリアルなシチュエーションを大事にしていると感じました。

ところが今回の「シン・仮面ライダー」に関しては、原作のテレビをなぞったような、そして一部のデザインだけアップデートした感の映像ばかりが公開されており、庵野氏の目指している方向がどこを向いているのかわからなくなってしまった次第なのです。

ここで改めて“リアル”であることの重要性を指摘しておきたいと思います。これまたいろいろな捉え方があるかと思いますが、私がここで言うリアルというのは「本当らしい」「実際にありそう」と思えること、ということになります。
例えば普通の現代劇のドラマというのは、舞台としてはリアルではありますが、登場人物に余りにも素っ頓狂なキャラを配置すればその作品はリアルから逸脱することになります。

もちろん怪獣映画やヒーロー映画は中心にリアルでないもの(ex.ゴジラやウルトラマン)が据えられますので、完全なリアル感はあり得ません。しかしそこで諦めずに、それ以外のところ(ex.科特隊の衣装とか)を極力リアルにすることで、『ありそう』と思わせることが出来る。それを真剣に考えることで作品としての深みも獲得できると私は思うのです。

そしてリアルであればあるほど、一般の観客に対してもアピールすることが出来ます。宇宙人のウルトラマンが出てくるからといって、現代科学で開発不可能なスーパー兵器が出てきたら、あれもこれも絵空事として、特撮ファン以外の人達は興ざめしてしまうでしょう。そして多くの人に「この作品は子供騙し」というレッテルを貼られてしまうと思います。

だからこそ「シン・仮面ライダー」もリアルであることを大事にして欲しいと願っているのです。

最初のコンセプトアートが公開された時にはある程度納得しました。あのロングコートをはおった姿。しかしスーツが作られてみれば、最初の仮面ライダーの焼き直しでした。もちろん、まだそれがリアルでないと決めつけることは出来ません。何らかの理屈付けがありうるとは思います。
しかし、コートなど一般的な服、せいぜい一般に売られているライダースーツそのままの姿であったら…もっとリアルだったのではないか。

権力を持った組織から逃亡した身で、オリジナルのスーツをつくるなんて、普通に考えたらあり得ないですよね。ベルトの風車が回ると変身する設定だとしたら、ベルトは肉体に接続されていなければなりません。そう、もっともっと生物?、もしくはマン・マシンシステム的でなければリアルではないのではないでしょうか?

バイクだって、普通のバイクに毛が生えたくらいのもので充分だったと思うのですが…

私は最初の仮面ライダーが放送された頃、幼稚園でした。何話目かから見始めて、それからずっと見ていました。ですからダブルライダーの立つ姿に感動しないわけではありません。

ただ、それ以上に作品を見て感動したい。何年何十年後にも「シン・仮面ライダー」が傑作として名を残す作品になってもらいたいと思っています。ぜひこの心配が杞憂に終わるような作品であることを願っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「マトリックス レザレクションズ」は最高の続編! [洋画レビュー]

The_Matrix_Resurrections.jpgバックスが“モーダル(マトリックスのような世界)”に侵入し、そこであたかも「マトリックス」冒頭のトリニティのアクションシーン(のような)を目撃。「私、これを見たことがあるわ」「でも少し違うみたい」。すると隣に3Dで映し出されているセコイアが「バージョンアップしている」と言う。そのうちにバックス自身がエージェントたちに見つかってしまい、危うく捕まりそうになるが、なぜかエージェントの中の一人に助けられる。そのエージェントはモーフィアスだと名乗るのだった。

まずは一言。とにかく面白かった!

もちろん不満点はあるが、全体として「マトリックス」シリーズの続編として良く出来ているし、前作群を知っているという前提ではあるが面白く観ることが出来た。

以降、完全にネタバレです!観てから読んでね!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「マトリックス・レザレクションズ」予告編公開!12月公開!!カックイイ!!! [洋画News]

まぁまぁ、まずは見てよ!

いいね、いいね!楽しみしかない!

今までの噂のまとめはこちらを見てもらうとして(やっぱりタイトル「レザレクションズ」をワーナーが公式に否定したのはブラフでしたね!)、新たに『「マトリックス・レボリューションズ」から60年後の物語』であるとか、一見それと反するような『一作目からつながる物語である』という情報が出ています。出どころがイマイチわからないのですが…。
まぁ「マトリックス」自体が輪廻の世界で、救世主はネオが6人目とかいう話でしたし、みんな姿はネオと全く同じに見えていたので『「レボリューションズ」の60年後であり一作目の続編である』ことも可能だとは思いますが。

また映像に出てくる『モーフィアスっぽい人(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)』とか『エージェント・スミスっぽい人(ジョナサン・グロフ)』とかが出てきますが、本当にその人なのかもちょっと謎ですね。

とは言えとにかくキアヌ・リーブスとキャリー・アン・モスが出てくる予告編を見ていると、確かに「マトリックス4」は公開されるんだな!という気にさせてくれて盛り上がってきますね!あと2ヶ月半ほどで公開となる予定の「マトリックス・レザレクションズ」、メッチャ楽しみです!

現在の時間が反映され、見るたびに内容が変わるというインタラクティブ予告(英語版)もチェケラ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画『サンダーバード55/GOGO』特報だって? [洋画News]

「サンダーバード」の新企画!?


オリジナルの「サンダーバード」が日本で放送されてから55周年を記念した新作?らしく、簡単ながらサイトも出来てました。
映画『サンダーバード55/GOGO』公式サイト
新作という簡単なものではなさそうですね。
1)オリジナル製作当時に英国で書かれたラジオドラマ用の脚本を使用
2)オリジナル同様スーパーマリオネーションで撮影
3)映像化されたエピソードは3本
4)その3本の新作を日本で劇場版に再編集し公開予定
5)その編集責任者?が樋口真嗣氏
と、NEWSページに書かれていますね。

更に調べてみるとエピソード3本というのは、「サンダーバード」が50周年だった2015年に企画され、制作されたもののようです。当時の制作風景の動画も公開されていました。

英語がわかんないので内容は不明ですが汗、制作風景も出てきてメッチャ興味惹かれますね。そしていかに当時と同じ映像にするか、ものすごく腐心していることが伝わってきます。スゴイ。
つくられたのは「Introducing Thunderbirds」「The Abominable Snowman」「The Stately Home Robberies」という三本だそうです。検索すると見られる配信サービスなんかもあるそうなので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

しかし公式サイトも格好はそれなりだけど文章もまとまっていなくて、どうも素人くさい…上手くやらないと大ゴケしそうな気がする汗。
私も完璧に「サンダーバード」世代なので、ぜひ華麗に復活することを願っていますが…さて。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -
1ヶ月無料のU-NEXT