So-net無料ブログ作成

L・ベッソン監督、スカージョ主演、スーパーヒロイン誕生「ルーシー」予告編。 [洋画News]

「キャプテン・アメリカ」の映像では毎回見ているブラックウィドウ=スカーレット・ヨハンソンですが、今度はリュック・ベッソン監督によって全く違うアクションヒロインの役を与えられたようです。

今回スカージョが演じるのは、タイトルロールにもなっているヒロイン・ルーシー。彼女は麻薬の運び屋…のはずが、運んでいた麻薬が何らかのトラブルによって彼女の体内に取り込まれてしまい、それによって様々なスーパーナチュラルパワーを獲得。テレキネシスや驚異的な情報吸収などと共に、なんと体の痛みや悲しみなどを感じない、恐ろしい殺人マシーンと化してしまう・・・・という話らしいです。



確かにこのTrailerを見ると、上記の通りのキャラに見えますね(笑)。

しかし普通の映画だったら、散々な目にあったヒロインがそのパワーを使って終盤に復讐に転じますが、この映画はその特殊能力を得る事がクライマックスに続いているわけではなさそう。どちらかと言うとそんなキャラクターとなったルーシーが、何らかの物語を紡いでいく、いわばスーパーヒーロー映画のような展開に見えますね。

特殊能力を得るアイテムが麻薬という事で、アダルトなヒーロー(ヒロイン)映画を作りたいという事なんでしょうかね。

このTrailerを見る限り無敵のヒロインと言えそうなルーシー。その彼女を使って、一体どんなストーリーが展開するのか、リュック・ベッソン監督お得意の強いヒロインで起死回生の娯楽作品となっている事を期待しましょう(笑)。




「フィフス・エレメント」への思い入れについてはこちらにちょい書きました。「アデル ファラオと復活の秘薬」はレビューあります

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。