So-net無料ブログ作成

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(3D・字幕版) [洋画レビュー]

Captain_America_The_First_Avenger_poster.jpg「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(3D・字幕版」
(監督:ジョー・ジョンストン)

第二次世界大戦中。愛国精神に燃えるスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は徴兵検査を何度も受けるも、その病弱で体力のないのが災いして不合格。しかし5回目の検査でその情熱をアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)に認められ合格、戦略科学予備軍へと配属される。戦略科学予備軍は人工的に身体能力を向上させる“スーパーソルジャー”計画をすすめていた。スティーブは処置を講じられ、完璧な肉体を持つ兵士、キャプテン・アメリカが誕生したのだ。

いや、意外にもかなり面白かったです(笑)。監督の前作「ウルフマン」とマーヴェル前作のケネス・ブラナー監督「マイティ・ソー」がどちらも今イチ消化不良だったのと、キャップのコスチュームがあんましカッコ良くなかった事、そして大戦中の話(特に日本は敵国だし)という事で、それほどの期待を抱かずに観たんだけど。ジョー・ジョンストンをなめてました(笑)。

今作はヒーロー映画という枠組みはほとんどなく、本当に一兵士の物語として変な偏見を持たずに観られる作品になっていると思います。もちろんスーパーソルジャーとしていきなりキャプテン(大尉・中隊長の意)になっちゃうとか、それなのに切り込み隊長だとか、誇張はもちろんありますけど。

戦時中の事なので一人で何でもやるんじゃなくて小隊として部下というか、仲間を伴って行動してたり、ある程度ワンオブゼムとしての戦いが描写されていて、流れの中で『そりゃねえだろ』という部分が他のヒーローものに比べるとやや少なめですね。

お陰で割とドラマの比重が上がっていて、なかなか沁みる描写が時々出てきます。最初の頃のひ弱なスティーブもいいし、処置前夜のアースキン博士とのやり取りもグッと来ます。スタンリー・トゥッチうまいなぁ。とぼけた味も光ってましたw

大戦中の話ですが、敵はナチスの下部組織ヒドラが世界征服を企むという事で、元連合国元枢軸国関係なく楽しめるように配慮されているのもいいですね。これならドイツ人でもわだかまりなく観られるんじゃないですかねぇ。

ヒロインのペギー・カーターは究極のツンデレキャラでwTrailerでも出ている通り、日本人としてはちょっと好みの分かれるビジュアルだと思いますけどw時代を感じさせるヘアメイクと相まって、最後は良いかも、と思いました(笑)。彼女、英国生まれなんですね。登場時に「英国なまりだ」と言われちゃうシーンがあるんですが、そういうつながりだったか。

ステロタイプでまとまり過ぎな感はやはりあるもののホントに悪くないデキで、ワタシとしては結構気に入りましたね。最後のサプライズゲストはなかったけど(ニック・フューリーはその前に出てきちゃう)、最後に「アベンジャーズ」の予告編が(「ヱヴァ」的に)くっ付いていてそれもまたウレシいw 多分日本の興行的には相変わらず厳しいとは思いますが、マーヴェルシリーズとして全体を盛り上げていって欲しいものです。


という事で一通り。
アイアンマン [Blu-ray]

アイアンマン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら
インクレディブル・ハルク [Blu-ray]

インクレディブル・ハルク [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら
アイアンマン2 [Blu-ray]

アイアンマン2 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら
マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら

ショプロとヴィレッジは話し合ってるのか!?という疑惑の出ている(笑)刊行合戦!
キャプテン・アメリカ:ニューディール

キャプテン・アメリカ:ニューディール

  • 作者: ジョン・ネイ・リーバー
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2011/09/28
  • メディア: 単行本
キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー (ShoPro Books)

キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー (ShoPro Books)

  • 作者: エド・ブルベイカー
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2011/09/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

堀越ヨッシー

こんにちは。
個人的にはレッドスカルのビジュアルがすごく気になるところなんですが、tomoartさんが仰る通り、ヒロインのビジュアルがなあ...(^皿^;)。でも、ジョー・ジョンストンは好きな監督なので、出来れば見てみたいです♪。
by 堀越ヨッシー (2011-10-16 07:45) 

tomoart

>yu-papaさん
nice!ありがとうございます。

>堀越ヨッシーさん
nice!&コメントありがとうございます。レッドスカル、ワタシも気になってましたが、いい感じだと思います。仮面俳優wのヒューゴ・ウィーヴィングが相変わらずいい味でした。面白かったので是非ご覧くださいw
by tomoart (2011-10-16 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。