So-net無料ブログ作成

トランスフォーマー:リベンジ(吹替版) [洋画レビュー]

TF2InternationalPoster1.jpg.jpeg「トランスフォーマー:リベンジ(吹替版)」(監督:マイケル・ベイ)

大学生になったサム(シャイア・ラブーフ)は、恋人のミカエラ(ミーガン・フォックス)との遠距離恋愛に不安を覚えながらも、2年前の出来事を忘れて普通の学生生活を送りたいと願っていた。しかし入寮の為の身辺整理の最中にオールスパークの欠片を見つけて触ると、脳に直接意味不明なイメージの奔流が投影され、頭から離れなくなってしまう。
一方、オプティマス・プライムたちオートボットはレノックス少佐(ジョシュ・デュアメル)たち米軍と共にネストを結成。各国の政府と連携してトランスフォーマーの存在を隠匿しながら、密かに各地で暴れるディセプティコンの駆除に当たっていた。折しも上海で事件が勃発。出動し、巨大な敵を打ち倒すも、街は壊滅的な打撃を受けてしまう。この事態を苦慮した米大統領はネストにセオドア補佐官(ジョン・ベンジャミン・ヒッキー)を派遣。彼はディセプティコンが地球を退去しないのは、オートボットが居るからではないかとの持論を展開し、ネストと対立する。
その頃、機を伺っていたディセプティコンは、2年前に海に沈められたメガトロンの復活を画策しこれに成功。再び地球に未曾有の危機が迫っていた・・・・。

いや、やっぱりいいですなぁ(爆)。ロボたち最高!いやとにかく事前の宣伝通り、ロボたちが出て来る出て来るw何もない時がほとんどないくらいですよ。またそれがよく出来たVFXのお陰で自然に感じられて、映画に没頭出来るところに大バジェットの強さが見えますな。そしてその中でも今回もバンブルビーが大車輪の活躍を見せていて、やっぱりオモチャが欲しくなる(笑)。特にもう一人の主役、オプティマス・プライムが今回死ぬ!?という状況のため、サムたちを助ける中心がビーになるので余計に印象が強いです。
前作ではやや辛かったロボたちのアクションの見せ方に関しても、上海では夜のライティングで、そしてクライマックスに向けては砂漠というバックグラウンドのせいで、だいぶ見易くなったように感じました。前作ではごちゃついた都市のビル街をバックにごちゃついたロボたちが動いてたんで、どこに何があってどう動いてるのか、てんで分かりませんでしたからねw 予告編で見る以上に見やすかったですよ。

ドラマ的にも前作よりもずいぶん描かれている印象。前作は余りにもボーイ・ミーツ・ガールだったりファースト・コンタクトだったりで紋切り型ストーリーな印象だったのですが、今回は大騒ぎの前作のその後というプリミティブな部分を抱えている事もあって、ロボ出ずっぱりな印象に反してサムも大活躍してます。しかもサムとミカエラだけの話だった前作と違って、大学のルームメイトであるレオ(ラモン・ロドリゲス)、前作から引き続きの出演となる元セクター7エージェントのシーモア(ジョン・タトゥーロ)とのチームでの戦いになっており、人間関係も若干複雑化してます。もちろん深みのある人間ドラマなんかありませんけどwサムの受けたイメージの奔流を追って行く謎解きなどの仕掛けもあって、思った以上にストーリーも楽しませてくれます。ギャグとシリアスのバランスも悪くないと思いますし。
ワタシはシーモアの決死の活躍と、死にかけたサムにミカエラが話しかけるシーンでちょっと胸と目頭が熱くなってしまいました(木亥火暴)。それにしても今回のジョン・タトゥーロ、おいし過ぎる役だw カッコ良く大活躍してました。

そして、ちゃんとミーガン・フォックスが美しく撮られてましたぁ(笑)。以前の記事で紹介したディセプティコン側の人間型刺客(イザベル・ルーカス)がサムを誘惑するのに妬いてみたり、こちらもホントに大活躍。日本でも、男の子たちの憧れの的になるのは間違いないでしょうw

残念だったのは、劇場の入りを見た時に、やっぱり子供たちの比率が圧倒的に多かった事。まぁ小学生高学年から中学生くらいで、あまり小さい子がいなかったから内容に誤解はなかったと思うんですが、やっぱり予想通りロボットものという事で大人の観客の入りが悪いですね。作中では結構下ネタとかも入ってるので、日本で言えば大学生以上くらいのターゲットかなぁ、と思うので、是非とも大人の間でも「トランスフォーマー」に流行って欲しいですねぇ。

最後にせっかくなので吹替版としての話も。今回の吹替えは、ちゃんとした声優さんがやってますので非常に良かったです。聞き取り辛いところもないし、映像と声の違和感もありませんでした。ワタシも歳とって来て目がかなり悪くなってますんで、字幕と画面を交互に見るのがかなり疲れるので、こういういい吹替版なら積極的に選んで行きたいと思います。ネームバリューなんかにこだわらない、作品本意の吹替版を、これからも是非作って行ってもらいたい。

確かに米軍が色んな国にどんどん進出してっちゃったり、文民統制されてなかったりw、展開がご都合主義で力技なところも散見されるし、演出も微妙にこなれてないところがあったりと、粗をあげればキリがありませんが、それより何より大迫力の画面とテンポのいいストーリー展開で飽きずに147分の長時間を感じず楽しめますので、娯楽作としてはこれでいいんじゃないでしょうかね。是非大勢で観に行って楽しんで欲しい作品です。


前作。意外なほどにつながりがあるので、再見してから観に行った方が楽しめますよ。ワタシはしなかったんですが、それでも楽しめますけど、見ときゃ良かったとはやはり思いました(汗)。
トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray

レビューはこちら

今回バージョンのビー。どうすっかなぁ・・・・。
トランスフォーマーリベンジ トランスフォーマームービー RA-03 バンブルビー

トランスフォーマーリベンジ トランスフォーマームービー RA-03 バンブルビー

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

ノベライズ。
トランスフォーマー/リベンジ (ハヤカワ文庫 SF フ 15-3) (ハヤカワ文庫SF)

トランスフォーマー/リベンジ (ハヤカワ文庫 SF フ 15-3) (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: アラン・ディーン・フォスター
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/06/10
  • メディア: 文庫

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 4

turbo

tomoartさん超オススメ映画だったので
そっこー観に行きました(^▽^)
ものすごく面白かった、楽しかった〜♪
ロボたちの動きのしなやかさに驚きました。
続き…もちろんありますよね。
by turbo (2009-06-29 12:41) 

tomoart

>turboさん
ども。コメントありがとうございます。
やっぱ、単純に楽しめましたよねw 続きはあるでしょう。マイケル・ベイが三部作だって言ってるから。でも次は2011年じゃなくて2012年だって話なんですよね。ただ米国での興収が絶好調だから、パラマウントが放っておかないんじゃないかなぁ。
by tomoart (2009-06-30 04:03) 

Yakoha

こんにちは。先週私も観ました。
バンブルビー、持ってますよ!お勧めです!(笑;)
by Yakoha (2009-07-02 22:13) 

tomoart

>Yakohaさん
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます。
バンブルビー、やっぱりいいですか。前作時に2体買ったからなぁ〜と思ってるんですけど。うーむ・・・・。
by tomoart (2009-07-03 04:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。